新型コロナウィルスにおけるテレワークとSOHO物件利用について

新型コロナウイルスが収束どころか感染拡大してます。

春には未知のウイルスに対して本気で感染防止の為にテレワークを考える企業が増えていましたが、今では感染を恐れることもなく経済活動の影響の方が心配される今日この頃です。

仮にコロナウイルスが収束したところでマスクの着用は続くでしょうし、通勤や企業の物件の在り方対して考え直す機会になったと思います。
来年こそはSOHO*seedでテレワークの導入を考えてみませんか。

SOHO*seedが提案させていただくのは、施設利用型テレワークです。

テレワークとは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。
SOHO*seedが提案させていただくのは、施設利用型テレワークです。
シェアオフィス、コワーキングスペースでは他人との接触の機会も増えますが、SOHO物件であれば個人か社内の人間だけなので安心です。
SOHO*seedのメリットをご紹介いたします。

○ 機能的な作り

自宅や通常の住居で仕事をしますと、疲れやすかったり飽きてしまったり仕事が長続きいたしません。
住居はリラックスする為に設計されていますが、オフィスは働く為に作られていますので根本的に役割が違います。
SOHO*seedは仕事スペースと打ち合わせスペースが分かれていますので、集中して仕事を出来ますし他のスタッフや来客時の対応がスムーズに行えます。

○ 費用

在宅勤務とSOHO施設利用を組み合わせれば、物件費用、通勤費用、設備に関わる諸経費などコストを抑えることが可能です。

○ ネットワーク

家庭でのインターネット回線とは違い高速な専用回線を導入しておりますので、ネット会議などで生じるトラフィック不足などは少しも感じることは有りません。
しかも契約時してすぐに利用できるのでとても便利です。

◯ 駅近

堺筋線、中央線が両方利用できますので大阪、神戸、京都、奈良、和歌山と全ての地域に簡単にアクセスできます。
駅から直ぐの立地ですので寒いに日にもあっという間にあったかい事務所に到着です。

ページ上部へ戻る